固定電話について
 携帯が普及してすっかりいらなくなったように感じる固定電話ですが、社会での信用や、親類友人以外との連絡のためにはあると便利です。一般的に固定電話というとNTTの加入権付ですが、最近はASDLにセットできるIPフォン、フレッツ光などにセットできる光電話など、NTTの一般固定電話に比べてお得なプランも出てきています。
 NTTの固定電話
 NTTの固定電話は、昔は唯一の選択肢だったこともあり、ほとんどの家庭がいまだに契約をしていると思います。最近は半額に値下げをしたり、加入権不要で毎月の基本料が260円高くなるプランもありますが、以前は加入権として8万円近くも支払う必要がありました。NTTの固定電話の基本料金は月1,680円とびっくりするほど高いわけではありません。しかしながら1年間では2万円。たまに使う程度でこの金額は意外とばかにはできません。では固定電話を解約してしまって、基本料金のかからない、あるいは安いIP電話や光電話にすべきでしょうか?
 固定電話は解約しても大丈夫?
 これは一概にはいえませんが、固定電話を解約して、加入権を売っても、現在では二束三文でしか引き取ってもらえません。一方で特にASDLのユーザーは、加入権不要タイプで、IP電話や、場合によってはSkypeで済ませることもできますが、実はIP電話は着信が安定しない場合があるので、あまりお勧めはできないのです。また、ASDL回線に変更を行う場合も工事費が加入権なしの場合、高額になるので、お勧めできません。ではタイプ別に固定電話をお得にするプランを紹介しましょう。
 フレッツ光や光oneなどのFTTHサービスの利用(予定)者
 このタイプが一番固定電話のプランをスリム化できます。NTT、KDDIともFTTHサービスには、光電話サービスをオプションとして提供しています。これは基本料金が500円程度で使えるサービスで、しかも従来の固定電話からのナンバーポータビリティに対応しています。つまり今まで使っていた番号を変える必要がないのです。実は光電話もIPフォンではありますが、回線がASDLと異なり、光の専用線を用いているため、通話品質が安定していますので、乗り換えてしまってもまったく問題がありません。
 各社のASDLサービスの利用(予定)者
 ADSL各社は、ASDL回線を使ったIPフォンサービスを提供しています。基本料金が無料で使えることが多く、たまにしか使わない人にとっては十分と思えるかもしれませんが、IPフォンは、回線品質自体はそれほど高くはなく、場合によっては着信に難があるケースがあるようです。携帯がメインで、固定電話はほとんど使わないというケースの場合には、この選択肢もありだとは思います。またYahoo BBなど、新規加入者に対しては、NTT加入権無料キャンペーンをやっているところもありますので、それを利用すれば加入権に高いお金を支払う必要はありません。
 auやソフトバンクのケータイを使っている人
 KDDIのメタルプラスやソフトバンクのお得電話に乗り換えれば、それだけで300円程度安くなります。これらはNTTの固定電話と同じ、通常回線ですので、ナンバーポータビリティが可能です。さらにそれぞれの携帯ユーザーの場合、料金請求をまとめることで、さらに100円程度の割引を受けることができるのです。
 NTT固定電話の加入権はどうするの?

 上記いずれの場合も、NTTの固定電話を使わなくする場合、回線は休止の扱いとなります。ナンバーポータビリティで番号を移してしまう、光電話やメタルプラス、お得電話は基本的に自動で休止となります。この回線は解約してしまっても構わないのですが、将来的に回線変更などが発生する可能性もありますので、休止にしておいたほうが無難でしょう。

 固定電話は必要だと思いますか ?

 あなたのご自宅では、固定電話を導入していますか? 20?60代の人に聞いたところ、全体の85.5%は何らかの固定電話を利用していることが、リサーチバンクの調査で分かった。年代別にみると、60代の97.2%は固定電話を利用しているのに対し、20代では59.9%にとどまった。

 固定電話を利用している人に、その理由を聞いたところ「FAX利用のため」(38.7%)、「インターネット回線の利用のため」(34.1%)といった回答が多かった。また「加入権を持っているから」を理由に挙げた人も31.5%いた。

●固定電話と携帯電話のどちらをよく使う?

 通話をする際、固定電話と携帯電話のどちらをよく使う人が多いのだろうか。「固定電話が多い(ややを含む)」と答えたのは28.6%に対し、「携帯電話が多い(ややを含む)」は55.3%。固定電話よりも携帯電話を利用する人のほうが多い結果となったが、固定電話が必要なものかという問いに対しては、50.3%が「必要だと思う」と回答。一方「不要だと思う」のは24.7%だった。

グラフ「固定電話が必要なものだと思いますか?」、ほか:(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1203/29/news032.html)

 今後、固定電話はどうなると思いますか、と尋ねると「東日本大震災の際、公衆電話や固定電話のほうがつながったというケースを聞いた。いつどこに地震が起こるか分からないので、固定電話は個人的には必要だと思う」(40代女性)、「震災の時に固定電話を使って家族と連絡を取り合えた。また地震が起きた時に連絡を取り合うためにあったほうがいい」(20代男性)といった声があった。

 その一方で「停電のときでもつながる昔の電話と違って、計画停電のときは結局使い物にならなかった。光電話になってからは、固定電話の意味はFaxくらいしかないのかも……」(40代男性)、「実家の固定電話を最近解約した。全く使わないにもかかわらず、基本料金がでるので。今後はなくなっていくのではないだろうか」(30代女性)など厳しい意見も聞かれた。

Copyright (C) 2016 光情報通信のジャテックス All Rights Reserved