ADSLのよくある質問
Q ADSLって何ですか?
Q 電話共用型とADSL専用型では何が違うの?
Q ADSLが利用できない環境は ?
Q 光収容とはなんですか?
Q ADSLで併用できない電話の付加サービスは?
Q オフィスビルでADSLを利用したいのですが?  また、「ビジネスフォン」「PBX交換機」は利用できますか?
Q アナログ回線はトーン(プッシュ回線)でもパルス(ダイヤル回線)でも大丈夫ですか?
Q マンション(集合住宅・アパート)に住んでいますが、利用可能でしょうか?
Q 1つのADSL回線で複数台のパソコンを接続できますか?
Q ADSLを利用することで、使えなくなるアプリケーションはありますか?
Q 常時接続ということで外部からアタックを受けることはありますか?
Q マイラインとの併用は何か問題がありますか?
Q IPアドレスはどのように割り当てられるのですか?
Q ADSLって何ですか?
A ADSLとはAsymmetric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)の略で、通信の上り下りの速度が非対称な高速データ通信技術で、一般の電話回線で利用しているメタリックケーブルを利用したサービスです。
ここで言う上りとはパソコンからインターネット網へ、下りとはインターネット網からパソコンへの通信速度のことで、下り速度が速いということはつまり、ファイル(音楽・フリーソフト)等のダウンロード、ホームページの閲覧に非常に適しているということです。
トップページへ
Q 電話共用型とADSL専用型では何が違うの?
A 電話共用型は従来のアナログ回線を利用し、通話と同時に通信のADSLが利用できます。ADSL専用型はADSL専用の回線を使用する為、通話のご利用はできませんが電話加入権がなくても利用が可能です。
また、電話共用型とADSL専用型では月額利用料、NTT工事費等が異なります。
トップページへ
Q ADSLが利用できない環境は?
A 地域または建物内に、光ファイバーが利用されているか、近い将来に設置される予定がある場合。ダイヤルイン専用建物や、内線通話ができる環境の場合。
トップページへ
Q 光収容とはなんですか?
A お客様宅と電話局舎の間で、すでに光ファイバーが敷設されている場合、あるいは一部に光ファイバーが使用されたいたりする場合などがありますが、これを「光収容」と呼んでいます。この状態ですとADSLの利用ができません。ADSLは全経路メタル線で途中に光ファイバーが入っていると使用できません。ただし、状況によっては有料で収容換えが可能の場合もあります。
トップページへ
Q ADSLサービスと併用できない電話の付加サービスは?
A ・ISDN(アナログ回線への変更が必要です)
・ダイヤルインの追加番号
・オフトーク通信サービス
・信号監視サービス
・着信専用電話
・回線自動選択装置(ACR)

ホームセキュリティーサービスについては、ADSLと併用できないサービスがございますので、ご利用のホームセキュリティーサービスのご提供元にご確認ください。
トップページへ
Q オフィスビルでADSLを利用したいのですが?また、「ビジネスフォン」「PBX交換機」は利用できますか?
A ご利用にはなれますが、ADSL専用回線でのお申し込みをお勧めします。
該当するビルが構内配線について管理会社を指定している場合は、構内配線工事を指定業者に依頼する必要があります。
「ビジネスフォン」「PBX交換機」に関しては電話回線と共用している部分・分岐する部分の前にスプリッタを取り付ける工事を行うことで使用できる可能性があります。
しかし、ビジネスホンやPBX交換機で使用している回線をADSLにご利用になると、万一のトラブルの際に電話が使用できなくなる可能性があり、また、ADSLの高周波がPBXなどの機器に影響を与える可能性もありますので、できればADSL専用回線でお申し込みになることをお薦めします。
トップページへ
Q マンション(集合住宅・アパート)に住んでいますが利用は可能でしょうか?
A 大規模マンションには、NTT交換局とマンション間が光ファイバーで接続されている可能性があります。
ADSLはメタル回線を利用した技術であるため、この場合ADSLはご利用になれません。
トップページへ
Q アナログ回線はトーン(プッシュ回線)でもパルス(ダイヤル回線)でも大丈夫ですか?
A アナログ回線はプッシュ回線でもダイヤル回線でもご利用頂けます。
トップページへ
Q 1つのADSL回線で複数台のパソコンに接続できますか?
A 各サービスへの接続はできますがモデムによっては接続できません。
■フレッツADSLの場合
お客様の方でフレッツADSL対応(PPPoE対応)ブロードバンドルータをご用意になれば複数台の端末からの同時使用が可能です。HUBのみで複数台の同時利用はできません。
■ブロードバンドDION、OCN ADSLサービス(A)、ODN J-DSL、eAccessなどの場合USBタイプのADSLモデムは1つの回線に複数のパソコンを接続することはできません。
ルータタイプのモデムは、別途HUBをご用意いただければ複数台のパソコンが接続できます。
トップページへ
Q ADSLを利用することで、使えなくなるアプリケーションはありますか?
A ルータタイプのモデムをご利用の場合、いくつか使えないものがあります。
■ルータタイプモデム(ブロードバンドDION、OCN ADSLサービス(A)、eAccess、J-DSL)NATに未対応のアプリケーションは利用できません。(NetMeeting、IRCの一部機能、一部のオンラインゲーム等)
■ルータタイプモデム(NTTフレッツ)ブロードバンドルータを用いて複数台のPCを接続する場合、NATに未対応のアプリケーションは利用できません。
■USBモデム
特に問題ありません
トップページへ
Q 常時接続ということで、パソコンが外部からアタックを受けることはありますか?
A ダイヤルアップに比べて可能性は高くなります。
トップページへ
Q マイラインとの併用は何か問題ありますか?
A 特に問題ありません
トップページへ
Q IPアドレスはどのように割りあてらるのですか?
A ■ルータタイプ
接続時に、ADSLモデムのWANポートにグローバルIPアドレスが動的に割り当てられます。
LAN側のパソコンにはプライベートIPアドレスを割り当て、NAT(アドレス変換機能)によってインターネット通信を行います。
■ブリッジタイプ
接続時に、パソコン本体にグローバルIPアドレスが1個動的に割り当てられます。
トップページへ









ホーム プライバシー 光情報機器 ひかり電話 電話サービス サイトマップ サポートサービス
Copyright (C) 光情報通信のジャテックス All Rights Reserved.