パソコンのお手入れ ホーム

まずは、ハタキやブラシなどでホコリを払います。専用のOAハタキやブラシを使うと、静電気でホコリがブラシにつくようになっているので、ホコリが舞い上がらなくて便利です。
ホコリを払ったあとに、乾いたやわらかい布で、丁寧にホコリをふきとってください。
こびりついた汚れがおちない場合は、OAクリーナー用のウェットティッシュなどを使って、汚れをおとしてみてください。
汚れがたまらないように、日ごろからこまめに、汚れをとることをおすすめします。

パソコンの内部に熱がたまらないように、冷却ファンでパソコンの内部を冷やしていますが、この冷却ファンのある通風孔の部分は、もっともホコリのたまりやすい場所です。
また、通風孔にホコリがたまっていると、内部に熱がこもってしまうことになり、パソコンの誤作動の原因にもなりますので、ホコリをきちんととってください。
ハタキやブラシでホコリをとるか、掃除機などで、ホコリを吸いとります。このとき、ホコリがパソコンの中に、入ってしまわないように注意してください。
掃除機に、パソコン掃除専用の小さなノズルなどを取り付けて利用すると、小さな部品などを誤って吸い込むことがなく、ホコリをきれいにとることができて便利です。

コネクタ部分もホコリがたまっていないか確認しましょう。ホコリがたまっていると、接触不良の原因にもなります。
まず、ハタキやブラシでホコリを払い、細かい部分は綿棒などをつかって、丁寧に汚れを落とします。
おとしにくい場合は、「ダストブロワー」などで、ホコリを飛ばす方法もあります。
また、USBコネクタの場合は、専用のクリーニングツールなどもありますので、利用されると便利です。コネクタに2〜3回つけたり外したりすることで、USBコネクタを磨いてきれいにします。


外側は乾いたやわらかい布でふきとります。汚れがひどい場合は、OAクリーナー用のウェットティッシュなどで汚れをおとしましょう。
マウスを裏返し、ボールを止めているフタを外します。ボールを取り出して、ボールを中性洗剤などで洗うか、OAクリーナー用のウェットティッシュなどで丁寧に汚れをおとします。
ボールを回転させるローラー部分にもホコリがたまっていますので、綿棒や歯ブラシなどで、汚れをとります。このとき、綿棒や歯ブラシには、何もつけないでください。
汚れがおちたら、ボールをもとにもどして、フタをセットします。

外側は乾いたやわらかい布でふきとります。汚れがひどい場合は、OAクリーナー用のウェットティッシュなどで汚れをおとしましょう。
マウス底面にある読み取りセンサー部分の汚れを取り除きます。掃除には市販の光学式マウス専用クリーナーを利用すると便利です。
キーボードもホコリがたまりやすい場所です。
デスクトップのキーボードの場合は、最初に、古新聞などを敷いた上にキーボードを逆さにして、2〜3回軽く振ってゴミを外に出します。
そのあと、ハタキやブラシを使って、キーボードの間のホコリなどをとります。
ホコリがたくさんたまってしまった場合やノートパソコンの場合は、掃除機で吸いとったり、「ダストブロワー」でホコリを飛ばしたりしてください。
キートップが皮脂などで汚れている場合は、OAクリーナー用のウェットティッシュなどで軽くふいてください。
ぞうきんを使う場合は、固く絞ったものでふいてください。水分の多い状態で利用しないでください。

液晶ディスプレイも、静電気で表面にホコリがつきやすいものです。ホコリがたまっていたり、指紋がついていたりすると、画面が見づらくなってしまうので、乾いたやわらかい布で、汚れをきれいにふきとってください。
なお、液晶ディスプレイの表面は、大変デリケートなものですので、化学薬品(アルコール、ベンジン、エタノール等) 、化学ぞうきんや、ぬらした布などを使わないでください。必ず、やわらかい乾いた布を利用してください。
液晶ディスプレイ専用のクロスなどもおすすめです。

最後に、コード類が絡まったりねじれたり、コンセントにホコリがたまっていないか確認してください。
コンセントとプラグの隙間にホコリがたまっていると、漏電して発火する恐れもありますので、注意してください。

また、コードがねじれていたり、家具の下敷きになっていたりすると、断線するおそれがあり危険です。
LANケーブルやUSBケーブルなどのケーブル類が多い場合は、スパイラルチューブなどをつかって、ねじれがないようにまとめておくことをおすすめします。

パソコンの内部
パソコンの内部図-1

パソコンの内部図 1






パソコンの内部図-2
パソコン内部図-2




1.電源ユニッ

家庭用交流電流をパソコンで利用できる直流電流に変換する電源装置。

ノートパソコンだと、ACアダプタに相当する。

意外に重要な部品だったりする。パソコン選びには、余裕があれば注目すべきポイントのひとつ。


2.CPU

パソコンの頭脳にあたる部品。計算が得意でデータの処理を行う。

パソコンの体感速度にかかわる部品なので、できるだけ性能の高いCPUを選ぶとストレスが少ない。


3.メモリ(メインメモリ)

パソコンのデータの一時的な保存に使う部品。普通、パソコンのメモリといえば、メインメモリを指す。

パソコンの体感速度にかかわる部品なので、できるだけ容量の大きいメモリを選ぶとストレスが少ない。


4.光学ドライブ

CDやDVDなどの光学ディスクに記録されたデータを読み出す装置。

CD-ROMドライブが有名。最近は、CDやDVDの書き込みにも対応したドライブが多くなってきている。


5.ハードディスクドライブ

パソコンのデータの長期保存に使う部品。保存したデータが、パソコンの電源を切ってもなくならないのは

このハードディスクの働きのおかげ。テレビ録画など、容量の大きなデータをたくさん保存したい場合は

容量の大きなハードディスクドライブを選ぶようにしたい。


6.マザーボード

メインボートとも言うが、今ではマザーボードと呼ぶのが一般的。

板状のパソコンの基盤部分で、マザーボードの上にCPUやメモリが搭載されている。

パソコンの基本性能の根幹にかかわる部品で、非常に重要なパーツです。

PCサポートセンター
Copyright(c) PC Support Center Jatex All rights reserved.